本堂

基本情報

五徳山 水澤観世音/水澤寺
宗派…天台宗
本尊…十一面千手観世音菩薩/秘仏
開基…恵灌僧正
創立…推古天皇の朝
ご利益…諸願成就

水澤観世音パンフレット

水澤観世音パンフレット 水澤観世音バス時刻表パンフ

住所・アクセス

住所 〒377-0103
   群馬県渋川市伊香保町水沢214
TEL. 0279-72-3619
FAX. 0279-72-4629

■推奨アクセス
JR高崎駅より群馬バス「伊香保温泉行」に乗車→『水沢観音』下車
群馬バス時刻表 ※注 時刻表表記「水沢観音」
 
■最寄りの駅:JR 渋川駅
■バス(群馬バス)
JR渋川駅より群馬バス「伊香保案内所」行き乗車→「水沢観音」下車すぐ
群馬バス時刻表 ※注 時刻表表記「水沢観音」

■最寄りのIC
・渋川伊香保ICから約20分(約12km)


より大きな地図で 水澤観世音/水澤寺 を表示

参拝時間・駐車場

拝観時間 8:00〜17:00

駐車場  大型 30台
     普通 400台
     二輪 無制限

リンク

本堂(観音堂)のご案内

境内の建物の中心で、本尊十一面千手観世音菩薩を安置しております。
本尊十一面千手観世音菩薩は古来融通観世音として知られ、衆生の一切の願 を融通し、救いの手を差しのべて下さいます。
建物は六角堂と同じく、天明七年の竣工で、すべての彫刻は掘り抜きとなっております。

伊香保姫の御持仏であった本尊 十一面千手観世音菩薩は、当山の秘仏となっており、ご開帳はされておりません。

ギャラリー

本堂

本堂(観音堂)は、江戸末期 天明七年(1787)の建築と思われ、昭和60年に伊香保町文化財に指定。

本堂と六角堂

本堂越しの六角堂は非常に趣があります。

本堂大提灯

正面向拝、軒唐破風は近世建築特有の華麗さを表し、全体的には中世の建築様式を残す手法を用い、五間堂として県内でも重要な遺構とされています。

龍の丸彫り

向拝には、透かし彫りや丸彫りを駆使しており、中でも正面の虹梁から向拝柱に巻き付く龍の丸彫りは、阿吽構図を表現した躍動感あふれる見事なものです。

阿弥陀如来像と十六羅漢像

中央の「阿弥陀如来像」と「十六羅漢像」を安置しています。十六羅漢像とは、お釈迦様(仏法)を護持することを誓った16人の弟子です。

本尊御前立
十一面千手観世音菩薩

このお前立ちは江戸時代の造像で、平成9年11月に保存修理を完成しました。

水澤観世音の御朱印

本堂正面の御札場にてお受け頂けます。お軸・白衣につきましては、本堂 正面の御札場にて、お願い致します。
なお、釈迦堂では釈迦三尊の御朱印もお受け頂けます
  

元三慈恵大師 壱千年御遠忌祈念碑

「おみくじ」の創始者と言われる元三慈恵大師(良源)の壱千年御遠忌祈念碑。
元三慈恵大師は「角大師」「豆大師」「厄除け大師」との別名もあり、厄除けの「角大師御札」は御札場にて取り扱っております。

春の本堂

春には樹齢300年のしだれ桜などが咲き、境内を彩ります。

秋の本堂

秋には色とりどりの朱色の紅葉が本堂の諸堂の朱色をより一層引き立たせます。